冬場の手荒れ

ここからご記入ください。冬場に近づくにつれて、どうしても避けて通れないのが、手の荒れ。
一時期は無添加洗剤や手荒れにやさしい洗剤などを選んでいたのですが、一向に効果が出ず。
ダカラといってゴム手袋をすれば、お皿の洗剤が本当に落ちているかわかりません。
結局、高い洗剤を買わず、いつもの「キュキュット」を使っています。

ここ数日、手荒れ防止のためにいくつか実験を行いました。
まずはじめに行ったのは、とにかくクリームを塗る。
ハンドクリームやヒルロイド、顔用の乳液などなど。
結局どれもあまり効果が出ず。
ハンドクリームなんかは触るものがベタベタになるだけで、肝心な手荒れはよくならず。
次に行ったのは、手をしっかり洗うこと。
洗剤を使った後は、必ずこれでもかというほど手をしっかり洗いました。
水だとつらいのでお湯で洗います。
それから、子どもの肌荒れ用のヒルロイド!

これが一番効果がありました。
やはり手荒れの一番の原因は洗剤の残りだったのですね。

もう、水仕事も怖くありません。
素手で満足いくほど洗剤でしっかり洗います。
洗剤をしっかり泡立てて洗うと、水はけも洗浄力も抜群。
それからしっかり手を荒い、できれば自分専用のタオルで拭きます。
そして、ヒルロイドをしっかり塗る。

以上を実行すれば、今年の手荒れも怖くありません!

冬悩まされる、乾燥肌の対処法。

冬になると、乾燥肌でファンデーションを塗ってもガサガサしているのが隠せずにとても苦労していました。一日でも保湿やケアを怠ってしまうと次の日の朝お化粧をするときにとても苦労するので、おふろ上がりの肌のケアは毎日キチンとするようにしています。
以前はお風呂から上がって顔や体を拭き、パジャマを着たりしてから化粧水を付けていましたが、冬の場合はそれまでの間に顔がガサガサして化粧水の浸透が悪くなってしまう為、お風呂場に化粧水とタオルを持ち込みお風呂場で顔を拭いたら直ぐに化粧水を塗ることにしました。
次に、とても口コミの良いニベアを顔に塗り込み保湿をしっかりとしてそのあとにコットンと化粧水を使ってコットンパックをするようにしたら、冬の時期にガサガサすることは無くなりました。しかし、一日でもサボってしまうと直ぐにガサガサになってしまう為、毎日の習慣として取り入れてお風呂上がりに直ぐに化粧水をし、ニベアとコットンパックを必ずやるようにしています。これをやるまでは毎年、乾燥肌で悩まされていましたが今は毎日続けている甲斐あって悩まされることはありません。

100円ショップのコスメはすばらしい!!

100円ショップのコスメはすばらしい!!とくに、「酒しずく」シリーズはスグレモノですね。同じシリーズの中に、化粧水や乳液がラインナップされているのですが、とくに、化粧水がおすすめです。“酒しずく”という名のとおり、日本酒が入っているのですが、日本酒というものは、古くから、日本人女性の美容法に使われてきたものであるらしく、今でも、例えば、お風呂に日本酒を入れると美容・健康に良いと言うのは、おばあちゃんの知恵袋的なものとしては現代にまで受け継がれているそうです。たった108円で、つるっつるの「たまご肌」になれるなんて、こんなすばらしいことはないですね。また、100円ショップには、良質な美容パックが売っています。美容液が含まれているものもあれば、自分が普段使っている化粧水を含ませるタイプのものもあり、後者は一枚あたりの値段にすると十円ぐらいです。ですから、「酒しずく」化粧水をそれに含ませて、お肌が乾燥する季節などに顔を全部パックすると、効果絶大です!ぜひお試しください。

いつでも夢を

48歳になるまでいろんなメーカーの化粧品をためしてきました、20代の頃はクリスチャンディオールの化粧品を基礎からメークアップ全て揃え、海外に行けば買いだめをして帰ってきていましたが、今考えると、高いものを買って使ってなんか無駄遣いしてたなー!と思います。その後は海外メーカーに限らず、日本の大手メーカーもそれぞれに試したりして、私の悪い癖なのですが、化粧水を一つ買うとその他の全てをそのメーカーでそろえないときが済まず、途中のものがあっても、次のものに移ってしまう傾向が、一時は、ワミレスと言う化粧品の販売に近いような事まで手を伸ばし、必死になって皮脂にまつわる勉強をしてみたり、または、別の化粧品販売員に連れられてセミナーを聞きに行ったりと、いかに安く良い化粧品を買い、続けて行くか色々試しましたが、結局、今では化粧水・乳液・美容液が含まれたもの、低価格で、すぐに手に入って、簡単なお手入れができるものを選んで使っています。あまり肌が丈夫ではなく刺激に弱いので、簡単にはなんでも使えませんが、温泉水をしようしてできた、保湿美容液その名も「いつでも夢を」を使用中、ワンプッシュでしっとりするので、朝の化粧前は下地いらず、夜は他のクリームを付ける事もなく、おまけに頬にあったシミまでもが、薄くなってきました、おそるべし温泉パワーです。

ニベア最強!

冬に入り、肌の乾燥が特に気になるようになってきました。高いオイルやクリーム等、様々な保湿剤を試してみましたが、最近行き着いたのが、花王から発売されているニベアクリームです。誰もが一度は見たことのある、あの青いパッケージのクリームです。超高級クリームと成分が類似しているということでも話題になったアイテムですが、なんといっても安い。たっぷり入っている缶タイプは、ドラッグストアでも格安で手に入れることができます。夏場はちょっとベタつきますが、冬場は身体にはもちろん、顔にも化粧水・乳液を塗ったあとに蓋をするような形で使っています。正直、今まで保湿剤に費やしていたお金は何だったんだろう…と思う素晴らしさです。また、裏ワザ的な使い方として、アイシャドウなど、クレンジングで落ちなかったメイクを落とすのにも使っています。綿棒にニベアをたっぷりめに載せ、くるくるとメイクの上をなぞっていきます。すると、見事にメイクが落ちていきます。品質・価格ともに優秀なニベアクリーム。しばらく愛用したいと思います。

肌をきれいに保つために必要なものは睡眠

肌をきれいに保つために、睡眠が欠かせないものです。
夜の22時には必ず眠るようにし、2時までは必ず睡眠をとりたいものです。22時~2時までは、お肌にとってとてもよい時間なので、きちんと眠ることが大事です。
どうしても眠れないという方は、布団に入っているだけでも次第に眠くなるため、寝れるようなタイミングだけでも作るとよいです。

この他にお肌をきれいに保つためには、きちんとした洗顔が大事です。
洗顔としては、必ず化粧をした後には、顔を綺麗に洗わなければなりません。化粧をしたまま、眠ってしまうと枕に化粧のあとなどがついてしまい、とても不潔であることと、それによって肌が荒れてしまうことがあるため注意が必要です。

また、洗顔をした後には化粧水をつけるようにしましょう。化粧水をつけずにそのままにしてしまうと、肌がぴりぴりと痛くなることがあります。

また、人によっては油脂などの増加で顔があぶらっぽくなってしまいますので、気を付けてください。

乳酸菌の老舗の化粧品

乳酸菌の老舗といえばヤクルトですね。なんとヤクルトには化粧品があるんです。もちろん自慢の乳酸菌入り。
乳酸菌をお肌に合わせて発酵させた乳酸菌発酵エキスを配合しているんです。
そもそもなんでヤクルトが化粧品を作り始めたか?が気になりますよね。
発売当初のヤクルトは、ガラス瓶入りだったそうです。ですから、毎日工場で使用済みの瓶を水で洗っていたんです。
水仕事は手荒れしますよね?けれど、その工場で働いていた方々の手はつるつるだったそう。そこから、乳酸菌は体だけでなく肌にもいいのではないか?と研究が始まったそうです。
そんなヤクルトの化粧品を使ってみて、全体的にトロッとした使用感のものが多く、保湿力がすごいことに驚きます。
中でも保湿力が抜群だったのは「ベルフェ モイスチュア エッセンス」という美容液。
プッシュすると糸を引くくらいのヒアルロン酸がトローッと出てきます。
肌に伸ばすとなじみがよく、するするのび、べたつかずにさらっとお肌に入っていく使用感にびっくりです。
きめが整い、つるつるお肌になりました。この時期のメイクしてても肌が突っ張るなんてこともありません。
どうしても乾いてしまったら、薄くファンでの上からものせられるので、今年の冬はかさかさ知らずで乗り越えられそうです。

ニベアの青缶について

冬は暖房が入ったりして肌が乾燥をするかと思います。先日携帯でニベアの青缶が肌の乾燥対策にはいいと入っていたので早速薬局に行ってニベアの青缶のクリスマスバージョンの物を1缶とチューブを1つとノーマルな青缶を1つ購入しました。1つは洗面台に置いて、1つはお風呂場の横に置いて、チューブの物は常に持ち歩いています。朝洗顔をしてからニベアの青缶を顔に塗ってその上から無添加の無印の化粧水を塗ってからファンデーションを付けます。ファンデーションの付きが良くなった気がしました。またお風呂から上がった時にも全身にニベアの青缶を塗って髪の毛にも付けたりします。またまつ毛に付けるとまつ毛が伸びると載っていました。髪の毛に付けたら髪に栄養が入った感じになりました。家事をした後や仕事をした後に手にこのクリームを付けると手の肌がつるつるした感じになりました。かかとに付けるとしもやけやひびわれの対策にもなるかと思います。今の所調子がいいのでしばらくの間この青缶を試してみようかと思います。

「電位(でんい)治療器」を利用して、美肌づくり

みなさんは、「電位(でんい)治療器」って、しっていますか?電位治療器というのは、マイナスイオン発生器の一種で、基本的にはCTスキャンやMRIなどと同じクラスの医療機器(管理医療機器クラスⅡ)に入る、れっきとした医療機器の一種なのですが、家庭用などでも、一般に沢山のメーカーから出回っています。たまに、新聞の広告欄などに、「コスモドクター」や「ヘルストロン」などの名前で売っていますが、要するに、からだの調子を整えるためのマイナスイオン発生装置です。また、大手デパートなどの広場に、健康イベント的な姿でどこかの営業団体が現れることがあるので、そういう場所で見たことがあるかたも、おいでになるかと思いますが、この種のものは、価格がピンからキリまであり、安いものだと実は1万2千円位から手に入ります。例えばアテックスというメーカーの「イオネス」という製品がありますが、マットタイプで、寝るときに敷くことで、体中の細胞が活性化し、美肌に役立つという商品です。アトピーなどの敏感肌の体質改善にも、効果絶大ですから、興味がある方は、ぜひぜひ調べてみてください。

クラランスの日焼け止め

アメリカ行ったとき、デパートの化粧品コーナーで色々見ていたら、クラランスの美容部員さんが日焼け止めのサンプルくれました。今まではSPF値しか気にしたことなかったのですが、酸化チタンとか亜鉛が入っているのがノンケミカル日焼け止めということで、非常に効果が高いと教えてくれたのです。このミネラル成分は水とか汗にも落ちにくいらしく、これらの成分が入っていないと、夏場は日焼け止めとしてつけている意味もないといわれました。
元々クリニークのシティーブロックなどを使っていたのですが、もちろんこれもノンケミカル日焼け止めで効果は高いようです。ただしクラランスの日焼け止めは、色が全然ついていないので、下地として使うにはすごくいいと思います。海などに行くときはたっぷりつけると、日焼け止め効果高いはずです。その上にファンデーションつけると最強ですが、ファンデーションはノンオイルの物をつかわないと、化粧やけしてしまうといわれました。
そのため、私はクリニークのCCクリームを使用しています。BBクリームはノンオイルの物はないので、外で長時間過ごすときはすすめられません。特にビーチに行くときはノンケミカルの日焼け止めの上には、ミネラルファンデーションかノンオイルのファンデーションを使うべきです。